新着情報

冬場のヒートショック対策にユカカラ暖房が有効です

寒い冬に室内の温度差によるヒートショックで亡くなられる方は年間3万人を超えています。

事故の現場で多いのは、お風呂・脱衣所・トイレ・廊下などです。ヒートショックは室内の温度差が大きく、室温がバリアフリーになっていない事によって起こります。リビング・ダイニングの室温は25℃以上あるのに、住居で最も温度が低い玄関ホールや廊下は13℃以下、この温度差により血圧が10mmHG以上上昇します。また、脱衣所やトイレは室温が低いなかで衣類を脱着することから、さらに血圧が上昇します。

ヒートショックを起こさないためには、リビング・ダイニングだけでなく、廊下・脱衣所・トイレと言った狭くて変型な部分の暖房が重要です。ユカカラ暖房は自由設計のため、室温が低くなりがちな全ての場所を暖め、建物中の温度をバリアフリーに保ってくれます。築年数が長く、断熱性の低い木造住宅でも充分に暖まり、家具等を動かさない床下工法も可能です。寒い冬まで、まだ充分に間に合います。いつでもお気軽にお問い合わせください。