新着情報

ユカカラ暖房の熱源には、ガスや電気以外にハイブリッドという第三の選択肢があります

ユカカラ暖房にはお湯を沸かすための熱源が必要になります。
一般的にはガスや電気だけと思われがちですが、FHSでは、『エコワン』すなわち電気とガスのハイブリッド給湯暖房システムを検討されることをおすすめしています。 何故なら電気とガスそれぞれにメリットとデメリットがありますが、その両方のメリットを”良いとこどり”したのがエコワンだからです。

オール電化の場合は、エコキュートなどの給湯器と別にヒートポンプ熱源機を設置するため設置費用は高くなりますが、ランニングコスト(電気代)はガスよりも安くなります。また、長期の停電等で全て使用できなくなるリスクがあります。

ガスの場合は、ひとつの機械を給湯と暖房に使用できるため設置費用は安くなりますが、ランニングコスト(ガス代)は電気よりも高くなります。

エコワン(電気とガスのハイブリッド給湯暖房システム)の場合は、電気とガス双方のメリットを活かしたもので、給湯も暖房も主に電気(ヒートポンプ)で行い、追い焚き等で補助的にガスを使用します。
エコキュートよりも省エネ性が高く、最新の機能を備えているため家族数や時間帯に合わせて必要な分だけお湯を沸かすので大変経済的です。
また、小型の非常用発電機等があれば、長期停電の時にも給湯や暖房ができることもくらしの安心感につながります。

詳しくはFHS本部、またはFHSパートナーにお問い合わせください。