新着情報

⽼⼈ホーム『ソライエ』で、コロナ対策の換気をしても⾜元が寒くならないユカカラ暖房MUTEが⼤活躍

FHSネットワーク(事務局:リボンガス株式会社、本社:熊本県熊本市、代表者:内海久俊)は、『ユカカラ暖房MUTE』を導入された老人ホーム『ソライエ』(宮崎県宮崎市)に、1シーズン通しての使用感と、コロナ感染予防対策として今冬から実施している換気をしながらの使用感についてインタビューを行いました。

⾼い吹き抜けと⽇当たりの良い中庭がある開放的な広間が特⻑的な、宮崎市の『住宅有料⽼⼈ホームソライエ』コロナ対策のために24時間換気の他、三密を避けるために広間の対⾓線上にある腰窓を⼀定程度開放して常時換気を⾏っている。

運営会社の(有)フレンドリー国島暢⾼代表取締役は、⾼い吹き抜けがあるためエアコンは全く使⽤せず、ユカカラ暖房MUTEだけで暖房していてもほとんど寒さを感じないと⾔う。ユカカラ暖房MUTEは遠⾚外線の放射により、⾜元から頭寒⾜熱という理想の暖まり⽅をするため、利⽤者様が⾜元の寒さを感じず健康的な暖房になっているだけでなく、⽴った状態で忙しく動き回っているスタッフの皆様にとっても、エアコンのように頭の近辺が暑くて乾燥しないため、ちょうど良いと喜ばれている。
設⽴当初から、利⽤者が「⼼地よく住めて、職員が働きやすい環境を作ることを念頭に置いている」と話す国島⽒にとって、介護関係の求⼈倍率が4倍を超えるなど深刻な⼈⼿不⾜の中、ユカカラ暖房MUTEは働く⼈の環境改善と健康維持に貢献することで、事業の安定的な運営にも役⽴っている。

国島⽒はコロナ禍で苦慮する全国の介護事務所様に伝えたいこととして、「頭寒⾜熱の理想的な環境で、利⽤者・スタッフ共に快適に過ごせています。スタッフは動いているので暑がるが、利⽤者さんはじっとしているので寒がり、温度調整に悩まれる事業所も多いと思います。そういった課題の解決の⼀つの⽅法だと思います。」「コロナだけでなく冬場は感染症が広まりやすい時期です。この時期に快適に過ごしながらしっかり換気が取れるのは、施設運営⾯はもちろん、利⽤者・その家族・スタッフにとって安⼼につながると思います。」と話している。

有限会社フレンドリー 代表取締役 国島 暢⾼ ⽒

■ユカカラ暖房MUTEとは
ユカカラ暖房(温⽔床暖房)は、床を温めるだけの器具ではなく、主暖房として床からの遠⾚外線放射で部屋全体を均等に温める設備です。FHSの温⽔床暖房は遠⾚外線の放射量が⾼く床⾯が熱くなりすぎないので、全国の保育園・幼稚園や介護施設の他、オフィス、店舗などで使⽤されている安全な床暖房です。