遠赤外線 温水式床暖房とは

FHSの遠赤外線 温水式床暖房

FHSの遠赤外線 温水床暖房は、エアコンを使用しなくても主暖房として足元から部屋全体を暖めます。

天井を暖めていませんか?~室内の理想の温度~

これまでのエアコンやファンヒーター、ストーブの暖房では、床下からの冷気の影響を受け、部屋の天井付近ばかりが暖まり、非効率でした。FHSの遠赤外線 温水床暖房は、エアコンを使用しなくても主暖房として足元から部屋全体を暖めます。

遠赤外線 温水式床暖房の特徴

FHSの遠赤外線 温水式床暖房は、従来の床暖房の問題点を全て解決する高性能パネルを使用しています。

水漏れの心配がありません床面直下のジョイントがありませんので、マンションや大規模物件でも水漏れの心配がありません。
ムラなく広範囲に暖まります遠赤外線高放射パネルを採用することにより、従来のパネルよりはるかに速く、ムラなく広範囲に暖まります。
自由設計のため、あらゆる間取りにフレキシブルに対応自由設計のため、あらゆる間取りにフレキシブルに対応。掘りごたつや壁面にも使用できます。
パネルが高温にならず無垢材でも安心フローリング直下のパネルが高温にならず、たとえ無垢材*1でもフローリングの浮き、反り、剥がれなどがほとんどありません。
高い施工性で細部まできれいにパネル自体に充分な強度があり、パイプ以外の部分はどこでも釘が打てますので、施工のストレスがなく細部もきれいに収まります。
温水式で高温になりすぎず安全温水式ですので、電磁波などの心配がなくパネル表面が高温になり過ぎないため、人体やペットなどに低温やけどの心配がありません。
高いコストパフォーマンス現場ごとの材料のムダがなく、在庫コスト、梱包費、運賃などを低く抑え施工性も良いため、高いコストパフォーマンスを実現しました。
優れた 耐久性と性能安定性フローリング直下の温水パイプの寿命は30年以上。電気式、フィルム式などに比べ、耐久性、性能安定性の面で優れています。
高いメンテナンス性将来故障が発生するとしても、そのほとんどは熱源機周辺ですので、床面を剥がして修理するようなことはありません。

*1無垢材は床暖房対応のものに限ります。

他の床暖房との違い

電気式床暖房 従来の温水床暖房 FHSの遠赤外線
温水式床暖房
暖まる場所 使用する電力の割には熱の放射性が低いため、広い部屋を暖めるのには適さない。 熱の放射性が低く、厳寒時には補助暖房がなければ部屋全体が暖まるのに時間がかかる。 遠赤外線の放射性能が優れており、エアコンを使用しなくても主暖房として部屋全体が暖まる。
水漏れ 温水パイプをつなぎあわせて施工する為注意が必要。マットの継ぎ目が破損すると水漏れする。 温水パイプは継ぎ目のない技術を利用しているので、水漏れの心配がない。
強度 薄いシート状のフィルムを床材の下に敷くため、経年劣化する可能性がある。 発泡スチロール製が多く、壊れやすい。ジョイントから水漏れの心配もある。 硬質ボードを使用しており壊れにくく、ジョイントレスで水漏れの心配がない。
各種施設
での利用
強度がないため、土足歩行のフロアに不向き。 強度がないため、土足歩行のフロアに不向き。 硬質ボードを使用しており、土足フロアでも問題なし。
リフォーム
しやすさ
小さめのシートを並べ電線でつなぐため、狭い面積なら早く施工できるが、広い部屋には向かない。 1枚のマットのサイズが決まっており、加工ができない為自由に設計できない。 パネルを加工しサイズを変更できる為、自由に設計できる。また床下からの施工も可能な為、家具などを動かさず生活そのままで設置できる。
床への負担
使用できる
床材
床の表面が高温となり床材を痛める為、限られた床材しか選べない。 床の表面が高温となり床材を痛める為、無垢材等は使用できない。 熱が放射し床の表面が高温になりすぎない為、床材を痛めにくく、無垢材フローリング(無垢材は床暖房対応のものに限ります。)塩ビフロア、コルク等、様々な種類の床材を設置可能
安全性 床の下に発熱体がある為、断線や過熱の恐れがある。 部屋の中で火気を使用せず、約50度程度の温水のみを使用するため、火災の危険性がない。 部屋の中で火気を使用せず、約50度程度の温水のみを使用するため、火災の危険性がない。
お子様
ペットへの
負担
床が高温になるため、低温やけどにつながる可能性がある。 床が高温になるため、低温やけどにつながる可能性がある。

パネルが高温にならないので、安心安全。
メンテナンス 床材の下に発熱体がある為、修理が難しい場合が多い。 床の下には発熱体がなく、水漏れ以外は外に設置されている熱源機のみのメンテナンスでよい。 床の下には発熱体がなく、外に設置されている熱源機のみのメンテナンスでよい。
設置費用 狭い面積(2、3帖)の場合は熱源機不要のため安い。 価格が統一されておらず、設備業者により大きく費用が異なる。 (ヒートポンプの場合)熱源機の能力にフィットした20~30帖の面積になるほど安い。
ランニング
コスト
電気による発熱のため高コスト (ヒートポンプの場合)電気式の約1/8のエネルギーでよい (ヒートポンプの場合)電気式の約1/8のエネルギーでよい

FHSの遠赤外線 温水式床暖房は床を温めるだけの設備ではありません。

FHSの遠赤外線 温水床暖房は、エアコンを使用しなくしても足元からの遠赤外線の放射で部屋全体が暖まる主暖房です。

低温やけどの心配なし。

FHSの遠赤外線 温水式床暖房は低温やけどの心配はいりません。床の表面は熱くなりすぎず、遠赤外線の放射により足元から部屋全体を暖めます。

温水が漏れることはありません。

温水が漏れたり、床が曲がったりすることはありません。FHSの遠赤外線 温水式床暖房は「ジョイントレス」と呼ばれる特殊な技術により、管と管のつなぎ目(ジョイント)がないため、水(特殊液)が漏れることはありません。

遠赤外線とは

遠赤外線とは下の図のように、赤外線の一種で、波長の違いにより「近赤外線」「遠赤外線」と分けて呼ばれています。遠赤外線の輻射熱は身体に吸収され、温熱効果により身体を芯から暖めます。

遠赤外線とは

FHSの遠赤外線 温水式床暖房で採用している遠赤外線高放射ブラックパネルの放射線量は、アルミパネルの約2倍で、理想の遠赤外線に限りなく近い遠赤外線を放射します。

遠赤外線理想曲線

熱源機の種類

ガス・電気・灯油すべての熱源に対応します!

  • ガス給湯器全自動エコジョーズ
    これ一台で浴室暖房・床暖房に対応

ガス給湯器全自動エコジョーズ

  • エコワン
    ハイブリッドだから、電気とガスのいいとこどり!

エコワン

  • ヒートポンプ
    オール電化住宅に!ランニングコストが安い!
  • 石油給湯器
    ランニングコストが安い

石油給湯器

  • エネファーム
    環境にやさしい燃料電池

エネファーム ガス発電

  • エコウィル
    ガスで自家発電 コ・ジェネレーション

エコウィル ガス発電

床材の種類

ほとんどの床材に対応できます。
一般的なフローリング、無垢材フローリング(無垢材は床暖房対応のものに限ります。)、塩ビフロア、畳、タイル、大理石、カーペット、コルク等に設置可能です。

一般的なフローリング
一般的なフローリング
無垢材フローリング
無垢材フローリング
(無垢材は床暖房対応のものに限ります。)
塩ビフロア
塩ビフロア
畳
タタミ
タイル
タイル
大理石
大理石
カーペット
カーペット
コルク
コルク